こちらは静岡県インテリア事業協同組合の公式サイトです。

カーペット

Q カーペットの日常のお手入れ方法は?

まずカーペットのお手入れで大切なことは、湿気を含ませないように保つことです。ふだんから家全体の風通しを良くし、湿気がこもらないように気をつけます。
天気のいい日に電気掃除機をかけましょう。電気掃除機は、カーペットの毛並みと逆にかけます。毛をおこすようにし、ゴミをすいとります。上から力をいれて押さえつけると、空気の流れが悪くなり、かえってゴミがとれにくくなります。毛をよくおこして、効率よく吸い取って下さい。

Q カーペットはダニが発生しやすい?

ダニはカーペットそのものを栄養源としません。 床に落下した食べ物等を栄養にして生活してるか、他の場所からの移動や持ち込みによるものです。 カーペットのダニを減らそうと思えばその栄養源を絶つようにして下さい。、食べ物の粉、パンのくず等を床に落とさないように注意しましょう。そして、とにかくこまめな掃除を心がけて下さい。

Q カーペットを汚してしまった。汚れの落とし方は?

カーペットのシミは、大きく分けると油性シミと水性シミに分けられます。それぞれの方法をお教えしましょう。

油性の汚れ( バター・マヨネーズ・食用油・卵・油性マジックインク・靴墨等)
1)まず、 汚れを、紙や布で吸い取る。固形固形の汚れなら、フォークなどで取り除きます。水で濡らしたり、ぬれた雑巾でこすったりして、汚れの範囲を広げないようにしましょう。
2)少量のベンジンを、きれいな雑巾に染み込ませ、汚れの中央に向かってたたくようにしてシミを浮かせます。
3)乾いた紙をベンジンにあてて、汚れの付いたベンジンを吸い取る。2)と3)を数回繰り返します。
4)ベンジンでだめなら住宅用洗剤で同じようにしてみます。
5)シミが取れたら きれいな水を少量染み込ませたティッシュで拭いた後、固く絞ったきれいな雑巾で洗剤分を完全に拭き取ります。
6)自然に乾燥させます。

水溶性の汚れ(ジュース・醤油・牛乳・ソース・ケチャップ・ジャム・チョコレート・お酒・紅茶・コーヒー等)
1)先ずはティッシュや乾いた布で汚れを吸い取ります。
2)薄めた住宅用洗剤を、きれいな雑巾に染み込ませ、汚れにあててシミをうつしとります。
3)乾いた紙か雑巾をぬらしたところにあてて、汚れの付いた洗剤を吸い取る。2)と3)を数回繰り返します。
4)シミが取れたら きれいな水を少量染み込ませたティッシュで拭いた後、固く絞ったきれいな雑巾で洗剤分を完全に拭き取ります。
5)自然に乾燥させます。
共通の注意事項 ・・・・・洗剤やベンジンを大量に使うと、逆に汚れを広げます。洗剤は水で薄めて、ベンジンは少しずつ慎重に使って下さい。汚れがとれた後、きれいな雑巾で洗剤やベンジンを取り除くことも忘れずにして下さい。又、漂白剤の使用は厳禁です。カーペットが変色してしまいます。

静岡県インテリア事業協同組合
〒422-8041
静岡県静岡市駿河区

中田2丁目7-20

フォレストヒルズ106

tel.054-282-7792
fax.054-282-2646